こどもの頃に見ていた懐かしアニメ、ふっと思い出して見てみたいと思ったり、逆に当時どんなアニメを見ていたかなあなど考えることもありますよね。

そんな中でも90年代のアニメは平成初期のアニメとして古いアニメから今のアニメへ雰囲気もちょっとずつ近くなっていく魅力があり、懐かしく思い出すことが多い時期のアニメです。

ここではそんな90年代の懐かしアニメをランキング式で紹介していくので、ぜひ当時を懐かしむ、また90年代はどんなアニメがあったのかをご確認ください!

※個人的な嗜好からも決めていますので、若干主観の入る部分もあります。それを考慮した上で観ていただけましたら幸いです。

スポンサーリンク

懐かしアニメランキングをまとめてみた

今回は90年代のアニメをランキング式で紹介していきますが、このランキングの基準としては当時の人気度や知名度、そして後々まで語られているかどうかなどを基準にしています。

筆者の好みや見ていたアニメの傾向もちょっと混じってるかもしれません(^-^;)が、どれも人気が高かったアニメばかりを紹介しているのでご安心ください!

それではまずは10位から行ってみましょう。

10位:勇者王ガオガイガー

勇者王ガオガイガーは名古屋テレビ・サンライズ制作による勇者シリーズ最終作であり、聞いたら忘れることの出来ないオープニングテーマで印象に残った方も多いですよね。

勇者王ガオガイガーはリアルロボット系・スーパーロボット系というロボットアニメにあった分類の融合とも言える作品であり、アツいシナリオでありながら緻密なメカニック描写がありました。

筆者はガオガイガーを当初知らず、オープニングテーマを別の場所で知って衝撃を受けてからアニメに興味を持ったので、同じような方も多いのではないでしょうか。

テレビシリーズ終了後もOVA、メインスタッフや世界観が共通の別テレビアニメなど勇者シリーズの枠を超えた独自の発展を遂げていき、またおもちゃやスパロボ参戦など幅広く展開することになりました。

最新作で外伝もありますね。

元宇宙飛行士のサイボーグ・獅子王凱とかつてメカライオン・ギャレオンによって連れられた赤子だった少年・天海護、そしてGGGの地球防衛の戦いが描かれた作品が勇者王ガオガイガーとなっています。

それぞれのキャラクターの設定やバックボーンも非常に膨大で細かく主人公だけではなく周囲の人間や敵にも思い入れが生まれるアニメで、もし見ていない方はぜひおすすめです!

9位:魔法陣グルグル

魔法陣グルグルは勇者マニアの父親に育てられたニケ、魔法陣を操るミグミグ族の少女ククリの冒険を描いた作品で、のんびり冒険しながらもたくさんギャグが散りばめられていました。

ギップルやキタキタおやじという今でも忘れられないキャラクターが魅力で、2017年にはリメイクもされ、テレビアニメとして放映もされています。

https://twitter.com/Anime_The_Fire/status/1041728047974539264

また後期オープニングテーマ「晴れてハレルヤ」は今でも大好きと言う方が多い名曲で、こういったテレビアニメの好評を受けて劇場版も制作されました。

魔法陣グルグルの平均視聴率は10.3%、劇場版の動員人数は「ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章」「ハーメルンのバイオリン弾き」との同時上映ではあるものの最高28万人、合計167万人という人気ぶりだったんです。

魔法陣グルグルはリメイクも最近されたところですが「やっぱり1994年のこのアニメが名作!」という方も多く、ぜひこちらの魔法陣グルグルも視聴してみてくださいね!

8位:少女革命ウテナ

少女革命ウテナは当時から見ても異色と言える雰囲気の作品で、一気に惹かれ熱中する方が多かったアニメとなっています。

男装の麗人が主人公であり、影絵の少女たちの劇中劇などの独特の世界、そして学園という閉鎖空間で展開する決闘など、引き込まれる要素があまりに多かったんですね。

放送当時筆者は見ていなかったものの周囲での盛り上がりはすさまじく、少女革命ウテナに引き込まれた方の熱情は未だ記憶に残っているほど強かったことを覚えています。

少女革命ウテナは劇場版もあり2000年アヌシー国際アニメーション映画祭長編コンペティション部門にノミネートもされ、2017年には20年振りとなる新作読み切り漫画も発表されるという、人の心に残った名作のひとつです。

最近では実写化もしていますね!

少女革命ウテナはオープニングテーマ「輪舞-revolution」も世界観に合っている名曲で、今でもふと聞きたくなる魅力があります。

正直なところ人を選ぶ作品ではあるものの、まだ見ていない方はぜひ1話を視聴してみて、引き込まれたのならそのまま一気に見てみてください!

少女革命ウテナの動画を最終回まで全話無料視聴!配信やYoutube・レンタルはある?

7位:スレイヤーズ

スレイヤーズはテレビ東京系列で毎週夕方に放送されていた人気ライトノベルが原作のアニメで、以降合計5シリーズもテレビ放送された人気作品です。

元気で明るくめちゃくちゃ強い主人公、そして魅力ある周囲や敵キャラクターなど勢いで走るアニメと見せつつシリアスな展開もしっかりある、そんな魅力がありました。

また主人公リナの声優・林原めぐみさんの人気がすさまじかった時代でもあり、スレイヤーズと言えばリナ、そして林原めぐみさんを思い浮かべる方も多いと思います。

どのアニメを見ても林原めぐみさんがいた時代、そんなときにオープニングテーマと主役を演じているスレイヤーズの印象が強く残っているのは必然かもしれません。

声優としての林原めぐみさんを知らなくても名前は知っているというほど当時はブームであり、スレイヤーズを見てそういった当時を思い出して懐かしむのもありですね!

6位:カードキャプターさくら

カードキャプターさくらは人気漫画家・CLAMPが原作のなかよしで連載されていたマンガを元にして作られたアニメで、NHKで放送されていました。

かわいらしく元気な主人公・さくらちゃんが友枝町に起こる不思議な出来事を解決していく内容で、分かりやすいストーリーと丁寧な演出が魅力となっています。

 

カードキャプターさくらは当時のNHKによると自社製作アニメとして過去最高額に及ぶ費用投資を伴った作品としていて、その丁寧さと完成度の高さも、人気の理由のひとつとなったのではないでしょうか。

原作ファンの方はもちろん小さな女の子達もさくらちゃんのかわいい衣装と演出に引き込まれ、幅広い年代の方に支持されていたという印象が強いです。

 

アニメのカードキャプターさくらにはオリジナルキャラクター「苺鈴」などがいて、この子がさくらといい対比となっていてさらに面白くなっていた作品でもあります。

カードキャプターさくらは2018年1月から新作「クリアカード編」も放送されていて以前のアニメが気になっている方も多いと思うので、ぜひこの機会に見てみましょう!

カードキャプターさくらシリーズの動画を全話無料視聴!感想や評価も

5位:新機動戦記ガンダムW

新機動戦記ガンダムWはガンダムシリーズのテレビアニメとして1995年から放送され、女性を対象としたメディア展開もされた(当時は)珍しい作品でした。

平成のガンダムシリーズであるGガンダム、ガンダムXと並べても特に人気が高く、テレビアニメだけではなくOVA「新機動戦記ガンダムWEndlessWaltz」なども発売される人気作品となったんです。

 

ガンダムWは米国で初めて放送されたガンダムシリーズ作品であり、世界的に受けるキャラクターやドラマを持つ作品でもありました。

最終的には欧米以外の国々でも放送されるほどとなり、ガンダム史上もっとも放送された国が多い作品でもあります。

ガンダムWは女性キャラがみんな強さを持っているのも特徴でまたひとりひとりのキャラも立っていて、女性キャラにもそれぞれのファンがついている印象です。

ガンダムWは今見返しても面白く何度でも見れる作品なので、未視聴の方はぜひこの機会に見てみてくださいね!

4位:美少女戦士セーラームーン

美少女戦士セーラームーンは1992年からテレビ放送されたいわゆる「変身ヒロインもの」を広めた作品のひとつでもあり、今でも多くの方が印象に残っていますよね。

主人公・月野うさぎは明るくちょっとドジなヒロインで実は前世では月のプリンセスであり……と、少女漫画ならではの設定が当時の女の子にとっても惹かれる要素でした。

美少女戦士セーラームーンは世界40カ国で放送され日本だけではなく世界的な大ヒットとなり、メディアミックス作品の中でも最も知名度が高い作品ともいわれ、萌えの文化などにも多大な影響がありました。

 

美少女戦士セーラームーンは2014年からウェブアニメ、そして深夜アニメとしてリメイク版も放送されていて、こちらはより原作に忠実なアニメ化とちょっと違いがあるんです。

90年代の美少女戦士セーラームーンはアニメ独特の設定が多く現在のセーラームーンを見ていても驚くこともあるので、ぜひ見ていない方は視聴してみてください!

無印・初代セーラームーンの動画を全話無料視聴!YouTubeやアニポにはある?

3位:幽遊白書

幽遊白書は冨樫義博原作のマンガを元に制作されたテレビアニメであり、原作者の冨樫義博が一気に有名になった原因のひとつにもなった作品でもあります。

当初は霊界探偵となって事件を解決するというスタイルからどんどんバトルものへ移行していきましたがそちらも面白く、また数多くのキャラクターがとても魅力だったんですね。

幽遊白書の最高視聴率は24.7%、平均視聴率は17.6%と、現在と状況は違うもののすさまじい人気があり、土曜18時台のアニメとしてはヤッターマンの記録を超す112話放送という結果を残しました。

飛影と蔵馬の女性人気の高さもものすごく印象に残っていて、また飛影は多くの中二病患者を生み出した原因でもありますよね(笑)。

幽遊白書のアニメはオープニングテーマやエンディングテーマも人気が高く、ぜひゆっくり視聴してみてください!

2位:新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオンは突然汎用人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなることになった碇シンジが主人公のアニメです。

ロボットアニメと見せながら人間関係の緻密さや少年少女の苦悩や葛藤、そして人類補完計画とは……、という、様々な考察が盛り上がった作品でもあります。

 

実はエヴァンゲリオン、放送当時の視聴率はあまり高くなく「一部の人間が好きな作品」といった状態で、放送終了後からそのストーリーなどが物議を醸し賛否両論の議論となる作品になりました。

最終的には後々のアニメにも多大な影響を与える、いまでも新劇場版が展開するような作品へと変化していき、エヴァンゲリオンの伝説を築くことになったんですね。

 

エヴァンゲリオンは当時放送終了後から非常に人気が高く劇場版も製作され、さらに現在新劇場版として「序・破・Q」、そして続編が制作されています。

マンガ版などもそれぞれ人気が高く、深く考えさせられることになるエヴァンゲリオンをまだ見ていない方はぜひ一度視聴してみましょう!

エヴァンゲリオンの動画を全話無料視聴!YouTube配信やレンタルはある?

エヴァの次回新作・続編の公開はいつ?ファンの予想と延期の理由は?

1位:ポケットモンスター

ポケットモンスターを見たことがない、聞いたことがないという方はまずいらっしゃらないであろう、国民的なヒットとなったポケットモンスターのアニメもこの年代から始まりました。

ポケモンマスターを目指すサトシと相棒のピカチュウ、そしてポケモンや人間の成長を描いた物語で、今も続くポケモン人気のはじまりがここだったんですね。

 

ポケットモンスターはアニメ好きな人間が聞いたことがないというのはまずなく、日本だけではなく世界中で人気を獲得している、日本を代表するアニメと言えます。

元々のゲームソフトの累計販売本数は全世界で2億9000万本以上、アニメもこれだけ続く人気であり、国民的アニメと言えるほどになったんです。

1997年にはポケモンショックと言われる視聴者が光過敏性発作を起こしてしまった事件などがあり、ポケモンがしばらく放送されないときもありました。

当時を知っていた方は、ポケモンがもう見られないのではと心配していたのも思い出されるかもしれませんね。

しかし現在も続く国民的アニメとなったポケットモンスター、ぜひその原点も振り返ってみることをおすすめします!

懐かしアニメを見るなら動画配信サービスの無料お試しがおすすめ!

今回ランキングで紹介してきたアニメを見て、「懐かしい」「久しぶりに見たい!」と思った作品を見つけた方も多いのではないでしょうか。

しかし特に古い作品は長く放送されていたものも多く、近場のレンタル屋を探すなどの場合、ものすごい数になってしまうこともあるんですよね。

 

そんな場合におすすめなのが動画配信サービスを利用する方法で、インターネットを利用した動画配信サービスを使えばレンタル屋に通うことなくアニメをゆっくり見ることが出来ます。

動画配信サービスはたくさんあるのでぜひ次の参考記事もご確認いただき、ご自分に合った動画配信サービスを見つけてくださいね!

アニメの観れるおすすめ動画配信サイトを5つ紹介!サービスの選び方も解説

まとめ

今回のランキングをまとめていて懐かしく、また一度じっくり見たくなった作品が筆者もたくさん出てきました。

90年代アニメは今も記憶に残っているという方も多く、子どもの頃何度も見返してセリフや呪文などをスラスラ言える……なんてことも多いのではないでしょうか。

ランキングに載っているアニメはもちろん、これをきっかけにして思い出したアニメなどもあると思うので、ぜひ動画配信サービスなどを上手に使って視聴していきましょう!

スポンサーリンク